大学受験の小論文対策・書き方講座

慶應大学やAO入試・推薦入試を始め大学受験で小論文が出題増加。「合格点を取る」小論文作りではなく「及第点を取る」小論文作りというテーマのブログ。最低限の小論文は書けるよう答案・文例作りを紹介する。
|
大学受験の小論文対策・書き方講座 TOP  >  スポンサー広告 >  小論文の書けない人の勉強法 >  問題発見能力と課題設定能力こそが次世代に求められている力
【目次】大学受験の小論文対策・書き方講座
小論文対策の予備校や塾を探そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題発見能力と課題設定能力こそが次世代に求められている力

小論文は、まずしっかりと内容を理解して読み込んでから出ないと点数にならない。で、書いたとおり、まずはしっかりと課題文を読み込みましょう。


さて、その上で具体的に小論文の対策の仕方を考えていきましょう。 大学側は、小論文を受験課目とすることで何を見てくるのでしょうか。


それは、受験生のアナタ自身の幅広い意味での知性や教養を見てきます。ちょっと小論文対策から少し離れてお話します。世の中には、沢山の未解決や未着手の課題や問題点が存在しています。そういった問題はゆくゆく解決していかねばなりません。しかしながら、まだまだそういった問題を解決するフレームワークやソリューションが見出されていないとしましょう。

それを解決していくための人材を社会は求めています。そのためには、世の中にあるそういったうまく行っていない点をまずは、見つけ出し、そして解決していく必要があります。


これは、大学に入ってからの学問とスキームは一緒です。 大学側がゆくゆくの大学生に求めていることは社会で問題を解決できる人間だと思って差し支えありません。 例えば、現状ある学問の世界ではAという理論が幅広く受け入れられていると仮定してみましょう。しかし、実際はあなたの考えるBと言う理論のほうが正しいかもしれません。それを反証として学会に提示して、論破していき学問の発展を支えてくれる人材を求めています。

さらに、ビジネスの社会でも、会社がうまく行ってない時期にそれを乗り越えてくれる人材を求めています。そのためには、うまく行ってない事態を見つけ出し、それを解決していける人間を求めています。

前置きが長くなりましたが、そういったことを計るためには、小論文というのは現状ある受験課目の中ではうってつけの課目なのかもしれません。


なぜならば、小論文は、課題文から論理的に読み取れる事実を吸い上げ、その上でそこから問題点を設定し、その問題点を解決するためには何をすればいいのかを論証していく課目だからです。すなわち、点数を伸ばすためにはこの問題点設定能力と言うのが重要であると思っていただければと思います。


関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。