大学受験の小論文対策・書き方講座

慶應大学やAO入試・推薦入試を始め大学受験で小論文が出題増加。「合格点を取る」小論文作りではなく「及第点を取る」小論文作りというテーマのブログ。最低限の小論文は書けるよう答案・文例作りを紹介する。
|
【目次】大学受験の小論文対策・書き方講座
小論文対策の予備校や塾を探そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専修大学の二部入試って何?

  1. 引き続き、生涯学習をテーマに。
前回が、日大をテーマにhttp://shoronbun.blog.fc2.com/blog-entry-32.htmlこちらで述べました。

今日は、専修大学。
専修の歴史http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%82%E4%BF%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6はこちらのウィキで見れます。専修といえば、いくつかの法律系の学部が合併して作られたのが始まりとか。


だから伝統的に専修といえば法律のイメージがありますよね。 さて、専修大学も社会人入試を行っていますね。

秀逸なのは、満二五歳以上限定レースであることw
生涯学習をテーマに二部の社会人入試を実施しています。
  1. 経済学科 10名
  2. 法律学科 15名
  3. マーケティング学科 5名
こちらは前回の日大と違って、選考方法は書類審査と面接選考のみ。

だから、志望理由書をしっかり完成させることは非常に重要ですね。 志望理由書の書き方も、これまた小論文に準じた書き方をすればいいので、大丈夫です。 後は、面接対策も怠りなくやれば。。。

専修大学の二部学部に入学する場合以外でも、 社会人が大学へ戻るor入る場合は、目的意識をはっきりさせて行かねばなりません。 新卒の場合はある程度、学歴と人物重視で就職活動することになると思います。

しかし社会人の場合は、学歴を取りに行くために大学へ行くのではなく、 ある知識なりスキルなりを取りに行くために大学へいくわけです。 だから、大学名よりも自分が欲しいと思っているものが手に入るかどうかそれを吟味して 何をしにその大学へ社会人入試するのか、しっかり自分の中で定義してからでないとマズイです。


なぜ?何のために?何をやりに?それをやることで自分が欲しいものは手に入る? そのためにはどのくらい時間が必要?そのためにはいくら学費がかかる? 生活費は?仕事に支障は? 辞めなくて平気?

などなど。色々人生の岐路に立つことにはなります。しかし、クリアしたときにはきっと自分を一回りでは飽き足らず 二回りも三回りも大きくなるのでは? という期待を持って受けなければなりませんね。

実は、私ももう一度大学で学びなおそうかなと考え中。 まさに、自分に対して述べていたセリフでもありましたwww

ではまた今度~。

【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策

スポンサーサイト

日本大学の社会人入試日程2012年

日本で一番の学生数を誇る大学が日本大学です。 系列中学・高校もたくさんあり非常に規模の大きな学校法人ですね。
というわけで需要がある大学ってことで。

日本大学の社会人入試に対応している学部
  1. 法学部(第二部)
  2. 経済学部
という風に、この二つが対応していますね。 やっぱり社会人向けということで、社会科学領域に絞っていますね。 しかも、法学部は第二部という夜間学部という徹底ぶり。 完全に忙しいサラリーマンをターゲットしているかのよう

1法学部の社会人入試・受験日程
出願期間試験日合格発表
11月1日(木)~11月9日(金)12月2日12月25日
2013年1月15日(火)~1月25日(金)2月23日(土)3月6日



というわけで、Ⅱ期もあります。
そして試験は
  1. 書類審査
  2. 小論文
  3. 口述試験
という風に、学科試験メインというよりはまず、小論文が見られるわけですね。 そして、ある程度の専門知識があるかどうかを口述試験で見るという流れでしょうね。

2経済学部の社会人入試・受験験日程
出願期間試験日合格発表
9月24日~9月28日10月17日10月29日


こちらも、受験科目は
  1. 書類審査
  2. 小論文
  3. 口述試験
という形になっています。
基本的に、社会人入試は小論文がしっかり見られると思って過言じゃありません。 その中で、基本的な読解力や知識を見られるわけです。


社会人入試はこれから徐々に増えて行き
大学生の学生平均年齢が高まっていくと私は感じています。

日本大学の社会人入試の日程はこちらでも確認できます。

ではまた今度~。

【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策

日本一の学生数を誇る日本大学を例に社会人入試を見てみません?

前回は最近はやりの社会人入試って?、社会人入試の価値が上がりつつあるんではないかという話でした。

さて今日は、日本大学の社会人入試を例にとって社会人入試の大学受験を考えてみましょう。

そもそも、社会人が大学に戻るメリットは何でしょうか。 ちなみに私は大学生時代ひきこもってネトゲばっかりやってた人間なので、、、、、 大学で勉強したのがかなり少ないのは秘密・・・なのですが

少なからず大学ではあまり勉強したことが無いって人が多かったんじゃないでしょうか?www そのため、大学って社会勉強_?する以外あまり印象無い方が多いと思います。(偏見かな?w)


社会人が大学に戻るメリット
  1. スキルを上げられる
  2. 自己啓発につながる
  3. 継続学習ができる
  4. 教授陣と懇意にすることで新たなコネクションを形成できる
ばっと思いついたのがこんな感じでしょうか。もっとあるでしょうケド・・・

1に関して
前回、会社じゃなくて職業に従事するという認識が高まってきていると言いました。 その会社に一生い続けられるのが分からないこの世の中なので、ある会社で行っていた業務を別の会社に転職して 行うというのが増えてきています。私自身いくつかの塾を渡り歩いていたりします。w

そのため、その業務を執行できるレベルを上げていかねばなりません。

2に関して
やっぱり人間は環境を整えないと勉強しないもんですwwwwww

3に関して
同上

4に関して
その分野について第一人者であるのがやっぱり教授と呼ばれる方たちでしょう。 ある学問に対して深い知見と知識・発想はやっぱり彼らは強いです。 そのため、理論家の教授陣から教えを請い自ら学ぶことで、自分もその分野に強くなれます。 大学は、やらなきゃ何も残らないけど、やればやっただけ帰ってくる青天井。

そしてそういうことを日々繰り返すことで、徐々に教授とのコネクションが強くなります。 それによって学会へ参加することを許可されて、そこでもコネクションが作れる二乗の世界。ハッピーこの上なし。

というわけで、日大のこと何も語って無かった・・・w
すいますん。また今度~。

【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策

最近はやりの社会人入試って?

皆さん、社会人入試ってご存知ですよね?


大学受験の種類は、実は高校生/浪人生が主に使う一般入試以外にもたくさん種類があります。

<大学受験の種類>
  1. 一般受験
  2. AO入試/公募制推薦
  3. 一芸受験
  4. 社会人入試など

といったよう形で、たくさんの種類があります。大学によってはもっとたくさん種類あったりしますね。 そして、それぞれの入試方式に募集枠が決められているわけです。

もちろん、1と2で圧倒的な募集がかかっているので、4とかは特に忘れ去られがちなわけです。 実際、4を使用する人も少ないからあま~り気にしないようなものだったわけです。それに今までは、一度社会人という梯子に登り始めたらそこから学業/研究の世界に戻るのは中々至難の技だったですしね。

でも実は、ここ近年徐々に見直されつつあるのではないかと思います。 というのは、産業界の無言の要請が徐々に増えたんじゃないでしょうか(主観的・独断的発想) 今の日本はバブル崩壊以後、慢性的な経済不況に悩まされているわけです。 それにより終身雇用というのが非常に難しくなってきました。

よくいわれることで、今までのようにその会社に勤めるのではなく、これからは、その職業に従事していくのだ。(ドラッカー?)


ドラッカーは先見の明ありすぎですよね。www先生パネェすってわけですが。

それはさておき、その職業に従事していくということを前提にするならば、 その職業で求められる実務スキルや思考・発想などをレベルアップさせて行かねばならないわけです。 でなければ、自分でない他の誰でもいい人と取り換え可能な人材として扱われリストラ対象。

という状況も少なからずあるんじゃないでしょうか。

だから、その終身雇用の梯子から降りてもう一度学業の世界に戻る方たちが増えているというわけですね。 じゃぁ、その社会人入試とは。また今度~w

【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。