大学受験の小論文対策・書き方講座

慶應大学やAO入試・推薦入試を始め大学受験で小論文が出題増加。「合格点を取る」小論文作りではなく「及第点を取る」小論文作りというテーマのブログ。最低限の小論文は書けるよう答案・文例作りを紹介する。
|
【目次】大学受験の小論文対策・書き方講座
小論文対策の予備校や塾を探そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【志望理由書対策】AO入試・公募制推薦

志望理由書も書き始めようとすると中々大変ですよね。
実際何から書き始めればいいのかよぅわからんですからね。

というわけで、

AO入試/公募制推薦の志望理由書はどのように書くべきか?



一般的にAO入試や公募制推薦で求められる設問はこんな感じです。
あなたが本学を志望する理由を踏まえて、その上で本学でどのようなことを学びたいのか述べなさい。


構成ポイント
  1. 時系列を並べ自分のバックボーンを語る
  2. 現状抱えている問題意識を提起する
  3. 大学でどうしたいかを述べる
1に関して。 時系列を並べる。過去⇒現在⇒未来のように書いていく。
その際、過去の体験事例から得た教訓や考えたことを提示する。

2に関して。
問題意識を抽出する。よく、このブログでは問題点を抽出しろと言っています。
それをこの場合にも類推適用しましょう。

3に関して。
その上で、自分の問題意識を解決してくれるという論理でその大学を希望すると結論付けましょう。



例えば、
理学療法士を志望する場合

  • ①私は、足を骨折した。それにより入院することになった。非常につらい思いを感じたが、リハビリ時に理学療法士の方がしっかり頑張ってくれた。私自身もそのような人を助けたい。
  • ②理学療法士としてなるためには、資格が必要。そして、カウンセリング的な要素も必要。それをクリアするためには、その学部をクリアしなければならない。
  • ③上記のように、私は理学療法士の学部に行きたい。そして、貴学は特にこの分野に強い。だから私は貴額を志望する。

【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。