大学受験の小論文対策・書き方講座

慶應大学やAO入試・推薦入試を始め大学受験で小論文が出題増加。「合格点を取る」小論文作りではなく「及第点を取る」小論文作りというテーマのブログ。最低限の小論文は書けるよう答案・文例作りを紹介する。
|
【目次】大学受験の小論文対策・書き方講座
小論文対策の予備校や塾を探そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境問題の書き方|小論文の基礎的な本をやると必ずといっていい程出てくる

小論文を勉強し始めると、いの一番に出てくるのが環境問題ですよね。 なぜか、僕らの受験のころからそうでした。今もわりとそうですよね。 環境問題は学問的に論議の分かれるところで、環境問題が起こった原因がそもそも本当に資本主義やその他の生産活動や日常の生活などから引き起こされたのか?といった問いがあります。他にもたくさん専門家の中で論議が盛んなことと思います。

しかしながら、僕たち受験に携わるものとしては、認識はある程度共通で考えていいものと考えます。そのため、受験生的な程度の一般解答として下に書いていきます。

今回の題材

テーマ型小論文。
問)
「日本で1990年代ごろから環境問題が取りざたされることが多くなった。その環境問題を引き起こしたと思われる原因を産業と関連させて考察せよ。」

思考)
歴史的背景を考える。
1990年代を基準に考えているから、そこよりも前に原因があると思われる。 そこで考えられるのが、それ以前のころは資本主義の全盛時代であること。 日本は戦後期を越えて、高度経済成長期に突入している時代であった。 そのため、物が足りない物を作れ。作って売れ。それが反映の証である。

といったような思想的背景もあり、どんどんどんどん拡大生産をしていく時代でもあった。


資本主義を考える。

勤労をよしとする思想とあいまって、とにかく物を作って売るという流れ。 需要と供給の市場の原理で、均衡を保つ。レッセフェール(アダムスミスが言う言葉。見えざる手というやつ)に任せれば大丈夫。というのが大方の発想。今と違って貧乏だった世の中だから、何も物が無い。焼け野原だった。だから、繁栄を促す象徴的にも資本主義は考えられていた。


大量生産・大量消費

上記のような時代背景があり、1960年代~1970年代ごろから徐々に国民の所得があがり、一億総中流という意識が強くなってくる。(国民みんなが貧乏だった時代から移って、みんなが中流家庭になったよ!という意識)

更に、冷蔵庫や洗濯機、テレビなど所謂、三種の仁義(3C)を所有する家庭も増えてくるくらい所得に余裕が出てくる。そして、物を持っていることが繁栄の証であるという潜在意識も各個人にあっただろう。その結果、企業は作れば売れるという時代に突入したのである。 そして、各家庭は企業が大量に生産した物を大量に消費していくのである。


資本主義の限界

確かに、市場の原理は一定程度、有益なものである。特に価格決定であったり生産量をどの程度にするかは市場に決めて貰うのが一番だろう。
だが、市場の原理にも限界がある。すなわち、環境が有限であるという認識が無かった。企業が大量に物を作る中で、汚水や廃棄物が大量に生産される。物が正の生産物なら、汚水や廃棄物、CO2などは不の生産物といえるかもしれない。
それらが、環境に悪影響をもたらすという認識が無かった。あるいは、あったにしても目を瞑っていたのかもしれない。
仮に、環境を維持しようとすれば、環境維持費という別のコストがかかってくる。すなわち、企業にとっては利益にならないものになる。(もしそれを導入すれば、結果的に僕ら消費者の購入費にも影響が出てくる。)

つまり、見えざる手は市場を浄化してくれはしても、環境までは浄化してくれなかった。

市場の原理の限界ということ。すなわち資本主義の限界でもあるということである。


まとめ

①物が無い
②作ろう
③欲しい
④売ろう
⑤買おう
⑥もっと作ろう
以下略・・・
の流れの中で、環境が汚染され続けたということです。 それが今日的な問題でもあるのです。今尚未解決。

受験生的には、このような流れをまとめて論理的につながるように構成しましょうということです。


正直、眠い目こすりながらで書いたので恐縮ですが、認識違いや説明不足が多々出ているかもしれません。 もし私の間違いなどありましたら、コメント等でご修正いただけますと幸いです。m(_ _)m、、
取りあえず、今回はここまで。
解答は次回作ります。

【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。