大学受験の小論文対策・書き方講座

慶應大学やAO入試・推薦入試を始め大学受験で小論文が出題増加。「合格点を取る」小論文作りではなく「及第点を取る」小論文作りというテーマのブログ。最低限の小論文は書けるよう答案・文例作りを紹介する。
|
【目次】大学受験の小論文対策・書き方講座
小論文対策の予備校や塾を探そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文で点数が上がらない人はこんな人だ!

受験英語で、採点基準がよくわからない、
そのため、どうやったら点数になるかわからない、というのがありました。(今も採点基準は推測の域を出ていないですが)
具体的には、和訳問題や要約問題でどのようなことを書いたら●になる答えとして認めてもらえるのか それがいまだに分かってないということです。
言ってみれば、内部にいなければわからないある種のブラックボックス的なものと言えるでしょう。

その問題に対して、僕の知る限りで初めて一定の見解と方向性を示してくれたのが
駿台予備校で教鞭を取ってらっしゃった故・伊藤和夫先生でしょう。

伊藤先生は、英文和訳演習や英文解釈教室、ビジュルアル英文解釈などを通じて
その問題に真っ向からぶつかって、受験生に光を与えてくれた存在だと思います。
それにより受験英語の世界が一気に開拓されていったといっても過言ではないと思います。

一方で、小論文はいまだに未開拓地なのではないでしょうか。 ゴールドラッシュ的な。意味不明

だから、僕が伊藤先生になれるという烏滸がましいことは一切思っていませんが、
ある程度、これなら採点してもらえるという方向性を示していければと思っています。
今回は、採点してもらえる小論文のタイプではなく、逆に採点してもらえない小論文を書く人は
こんな人だ、という形でダメな方向から攻めてみたいと思います。



ご意見・ご感想などございましたら、コメント欄などを通じてご教授願えればと思います。 よろしくお願いします。


こんな人の小論文は採点してもらえない。

いわゆる厨2病
自分の意見に酔っている。
かっこいい文章を書くだけでおしまい。中身が非現実的で、実行するには不可能、もしくは困難。
反証をしてみようと思ったけど、代案提示が全くない。そして主語述語が一致しないねじれ文。
簡単に言えば、カッコイイ!!俺SUGEEEEE!!!となっているだけ。



継続的に小論文を書いていない。最低1週から2週に1回は書いて添削してもらおう。


語彙力が乏しい
日本語だと侮らないで、しっかりと国語辞書や百科事典を用いて語彙力を増やそう。
語彙力の多さが理解できる抽象的な概念の質と量につながる。


トレーニング中、練習中、試験中いずれにしてもメモをしっかり取らない。
はっきり言えば、人の話を聞いてない。来年度も受験頑張ろう。さいなら。

出たとこ勝負の山師根性
ヤマ勘張るのは悪くないけど、張るにしても一通り勉強してから



こんな小論文は点数にならない。ってか採点されたらラッキーだ(皮肉)
根拠の無い意見の羅列
意見と、根拠はワンセット。
根拠が無いのはただの独りよがり。客観的な文章というのは、
100人いて、100人が同じように理解できるようにすること。(賛否の意見が一致するという意味ではない。)
同じように理解するには、根拠が必要。
小論文に限らず、大学受験勉強は根拠との戦いだと思おう。

本文を読んだけどそれを前提とした文章を書いていない
人の話を聞いてない。さいなら。

結局私にはわかりません、と投げっぱなした思考停止
少なくとも、「~~~すると解決できる。」のような一定の改善案の方向性を提示しよう。


具体例の説明だけでおしまい
部分の話で終始している
どちらにせよ、全体につながる話をしよう。


課題文の要約で3分の2終了
採点官である教授:「筆者の意見ってすごいよねぇ。反証するには厳しいよねぇ。キミにはね。さいなら。また来年。」

始まりに書いた内容と終わりの結論が一貫してない。むしろ矛盾ほこたて
自分が読んだらわかる。だが、自分だけしかわからない。俺SUGEEEEEEEEEEEEって思ってるのは自分だけ
主語述語がつながっていない。ねじれ文。ねじれ文って何?
I am an eel.うなぎ文。うなぎ文って何?
うなぎが食べたいといっているのに、なぜかウシノヤ俺ほこたて矛盾の介
【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。