大学受験の小論文対策・書き方講座

慶應大学やAO入試・推薦入試を始め大学受験で小論文が出題増加。「合格点を取る」小論文作りではなく「及第点を取る」小論文作りというテーマのブログ。最低限の小論文は書けるよう答案・文例作りを紹介する。
|
大学受験の小論文対策・書き方講座 TOP  >  小論文の書けない人
【目次】大学受験の小論文対策・書き方講座
小論文対策の予備校や塾を探そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来ない人の小論文。こんな人は小論文を書けるようにならない

小論文を書けない人ってある程度、タイプ化されるんじゃないかなと思っています。
そういう人はこんな感じの人だよという意味で大体羅列してみました。
もっとあれば随時追加してみます。
とりあえず
こんな人にならないようにしましょう。


1対1で教わっていない。少なくともライブ授業で集団でもいいから受講していない。

小論文はできる限り生で授業を受けたほうがいいです。というのは、先生の意見と自分の意見が必ずしも一致しないから、
自分の意見を書こうと思ったらその構成やネタ・パーツを考えねばなりません。生のライブ授業を受けていればそれを先生から
直接習えるわけです。だから、先生の意見と一致して無くとも一緒に考えてもらえるわけです。それに、しっかりと先生が 書く前からこうしたほうがいいよというのを直接教えてくれるわけです。それが大切。


習ったネタを使ってみようとしない

生で授業を受ければ先生がその小論文に適切なネタを提示してくれるのです。それにより、戦う前に武器を売ってくれる武器商人のごとく パーツという武器を与えてくれるわけです。だけど、プライドが高い人や自分の意見を曲げないタイプの生徒はそれを使おうとしないわけです。
もったいない。使えばいいのに。


書いただけで満足してしまう

ふぅ。書いた。もういいや。さよなら、また来週。

おいおい。


筆者の意見をトレースしただけで終始している

筆者の意見が素晴らしい。「ウチもそう思うし!だから筆者はすごいと思う!Q・E・D」
あなたの受験結果がQ・E・D


不合格Q・E・Dになる前に。
【2013年度版】塾予備校を使った小論文対策

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。